子役はオーディションから

ドラマや映画、バラエティなどで活躍している子役ですが、誰でも子役になれるというわけではありません。子役になるには、スカウトされるか、あるいはオーディションに合格する必要があります。ただ、スカウトされても、そのままドラマやCMに出られるということではなく、ドラマやCMに出るに当たってもオーディションがあるのです。つまり、子役になるには、どこかで必ずオーディションを受けることになるのです。このサイトでは、その子役オーディションについて説明します。

子役オーディションですが、実は2種類あります。まずは、養成所や芸能事務所に入るためのオーディションです。役者になるには演技を学ばなければいけません。芸能活動をしていくにも、芸能事務所に所属していなければいけません。この養成所や芸能事務所に入るためのオーディションですが、受かるコツとしては、まずは明るく元気なこと、そして自分らしさ、つまり個性をしっかりとアピールできることが求められます。

そしてもう一つですが、こちらはドラマや映画、CMなどで役を掴むためのオーディションです。このオーディションに受かるためには、その役柄をしっかりと理解することが肝心です。作品の監督から何を求められているのかを読み取る力です。その上で、それに合った服装や、パフォーマンスで役を掴みとらなければいけません。このように、子役オーディションはそれぞれに性格が違うものです。自分らしさ、そして役柄、この二つをしっかりとアピールできれば、子役への道が開けてくるということなのです。