子役になる方法とは

テレビを見ていると、ドラマやバラエティに子役がよく出演しています。もちろん、昔から子役はいたのですが、最近は特に子役がクローズアップされています。子どもだからといって、その演技は大人顔負けのものですし、しっかりとしたプロ意識を持つ子役も多いものです。そういった子役の活躍を見て、自分の子どもを子役にしたいと願う親御さんも増えてきています。では、我が子を子役にするにはどういった方法があるのでしょう。

子役になるためには、街でスカウトされる、あるいはキッズモデルでデビューした後、子役になるなどがあります。しかしこれはある意味、運が左右しますから、自ら行動を起こし子役への扉を開けるほうがいいでしょう。そのためには、オーディションを受けることになります。

このオーディションですが、養成所や芸能事務所に入るためのものと、もう一つはドラマや映画の役を掴むために受けるものがあります。芸能活動をするには芸能事務所に所属する必要があります。入学・入所オーディションはそのためのもので、そこからさらにドラマやCM出演のためのオーディションがあるのです。芸能事務所でレッスンを受けながら役を掴むのか、あるいは、芸能事務所に所属せず、いきなりドラマなどのオーディションを受けるのかは、本人次第ですが、どちらにせよ、かなりの難関であることには間違いありません。